リーダー サービス提供責任者等を教育指導!『認定介護福祉士』とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
介護職 資格のキャリアパス

 2015年12月にできたばかりの新しい資格『認定介護福祉士』。取得する具体的メリットは不明。会社の協力が得られれば、介護職員の育成や介護の現場を改善することのできる、重要な役割を果たすことができます。

「介護福祉士」の上位資格でまとめ役。今回は、リーダー(介護福祉士など)やサービス提供責任者等を教育指導と職場改善を担当する『認定介護福祉士』についてご紹介します。

『認定介護福祉士』とは

 『認定介護福祉士』とは、介護の分野唯一の国家資格である「介護福祉士」の上位資格です。上位資格ではありますが、国家資格ではなく民間資格になります。比較的新しい資格で、2015年12月に導入されました。

介護チームのリーダーに対する教育指導、サービスのマネジメント、他職種との連携・協働による地域包括ケアの推進、地域の介護力向上などの役割を担っています。

『認定介護福祉士』は「介護福祉士」の上位資格に位置付けられる

 すでに軽く触れましたが、『認定介護福祉士』は「介護福祉士」の上位資格に位置付けられます。

『認定介護福祉士』の役割の一つに、リーダーに対する教育指導とありますが、介護チームのリーダーには、「介護福祉士」が想定されています。

「介護福祉士」が一般介護職員のリーダーなら、『認定介護福祉士』は「介護福祉士」のリーダー。

新しくシンプルなキャリアパスとして、「初任者研修」→「実務者研修」→「介護福祉士」→『認定介護福祉士』という実務経験ルートに整備されています。

詳しくは『介護職 資格のキャリアパス・種類 キャリアアップの筋道』をチェック。

「介護福祉士」5年以上の実務経験+研修600時間が必須

 「介護福祉士」国家試験の受験資格は、3年以上の実務経験に合せて「実務者研修」の修了と「介護福祉士国家試験」合格が必須です。

「介護福祉士」として5年以上の実務経験と『認定介護福祉士養成研修』にて600時間の講義受講が必須になります。「介護福祉士」と違い試験はありません。

『認定介護福祉士』をもし最短で取得するとしたら、この時点で介護の実務経験が8年になっているということになります。

『認定介護福祉士養成研修』のカリキュラムは専門的

 『認定介護福祉士養成研修』のカリキュラムは、「介護福祉士」と比較しても、かなり専門的なものとなっております。

求められる役割が、介護事業所や施設における、サービス提供チームの教育、指導、介護サービスマネジメント、他職種との連携・協働、地域における介護力向上のための助言・支援者ですから、内容が深くさらに広くなることは当然のことといえます。

認定介護福祉士養成研修導入
認定介護福祉士概論
医療
疾患・障害等のある人への生活支援・連携Ⅰ
疾患・障害等のある人への生活支援・連携Ⅱ
疾患・障害等のある人への生活支援・連携Ⅲ
リハビリテーション
生活支援のための運動学
生活支援のためのリハビリテーションの知識
自立に向けた生活をするための支援の実践
福祉用具と住環境
福祉用具と住環境
認知症
認知症のある人への生活支援・連携
心理・社会的支援
心理的支援の知識技術
地域生活の継続と家族支援
地域に対するプログラムの企画
生活支援・介護過程
認定介護福祉士としての介護実践の視点
個別介護計画作成と記録の演習
自職場事例を用いた演習
マネジメント
介護サービスの特性と求められるリーダーシップ、人的資源の管理
チームマネジメント
介護業務の標準化と質の管理
法令理解と組織運営
介護分野の人材育成と学習支援
自立に向けた介護実践の指導
応用的生活支援の展開と指導
地域における介護実践の展開

『認定介護福祉士』に求められる役割

介護職チーム・ユニット・5~10名の介護サービス提供チーム

 介護職チーム・ユニット・5~10名の介護サービス提供チームに対する教育指導、介護サービスマネジメントを行い、介護職チームのサービスの質を向上させる役割

他職種との連携・協働による地域包括ケアの推進

 地域包括ケアを推進するため、介護サービス提供において他職種(医師、 看護師、リハビリ職等)との連携・協働を図る役割

地域の介護力上昇

 地域における、施設・事業所、ボランティア、家族介護者、介護福祉士等の介護力を引き出し、地域の介護力の向上を図る役割

『認定介護福祉士』は植えた種から花を咲かせる

 人材を芽に、会社を畑に例えたとします。人材をただのモノや管理する対象とした考え方ではなく、とても大切な資源の一つだと考えた場合、悪い畑をどのように改善すべきでしょうか。

どんなに良い畑にも害虫はいます。マナーのない歩行者が、空き缶などをポイ捨て。管理者が知らないうちに異物が混入していることだってあります。台風などの被害だって考えられます。

計画的なメンテナンスが必要で、放置しておくとすぐに通気性が悪くなったり、排水が上手に機能しなくなったり、適正な状態に保っていることの方が難しいのです。

しかし介護事業所の多くは、自分たちの悪い畑を改善しようとは考えていません。そもそも、悪い畑であることに気がついておらず、とても良い畑だと思い込んでいる事業所まであります。

そのため、畑の改善がなされないままに、人材募集という種まきを行い、環境が悪い状態で芽が出るのを待っているのです。種は一生懸命芽を出そうと頑張りますが、知らない職場で、不安もいっぱい、ストレスもいっぱい。

慣れるまでは何もしなくてもストレスですし、とても疲れてしまいます。しかも悪い畑。芽を出すことができる種は、どれくらい残るでしょうか。それにもかかわらず、畑を改善しようとはしないのです。

「今時の芽は根性や責任感がない。」「すぐに辞めるし、連絡すらしない。」「指示出さないと仕事しないし、ダラダラしている。」こうして芽のせいにばかりしているのです。

そのあいだ「介護福祉士」は、どんな役割を果たしているのでしょうか。「介護福祉士」の資格試験の内容は、介護関連の知識です。

「実務者研修」で学んできたことと、3年間の実務について、合わせて試される形です。芽が大きくなって葉となり、咲いた花々が介護保険サービスとするならば、花の数を増やす方法やより良い品質にするためのスペシャリストが「介護福祉士」。

しかし思い出してみてください。悪い畑に植えられた種たち、どれだけ芽として育ってくれましたか。残った芽たちは、どれだけ大きな葉を広げてくれていますか。多くの芽は枯れてしまい、葉がついてきても元気ないのではないでしょうか。

日々のストレスや疲れで枯れる寸前。そのような状態にあるにもかかわらず、必死に花を咲かせて介護サービスを提供しているのです。増やしたり、質を向上させたりする前に、やることがあるはずです。

そうです。まずは畑の改善が必要です。健康に育ってもらわなければ、いい花をたくさん咲かせることができるわけないのですから。

そこで登場するのが『認定介護福祉士』。『認定介護福祉士』で学ぶ内容は、「介護福祉士」の延長線上のものや、介護に関連する知識を広げたり、深めたりする内容もあります。

ですが介護関連の知識だけではありません。マネジメントや指導といった部分も学ぶのです。悪い畑を、良い畑に変えるための知識を学べるのです。

そのため『認定介護福祉士』がいた方が、植えた種から芽を出し、大きな葉に育って、しっかり元気に、たくさんの綺麗な花々を咲かせてくれる可能性があるのです。

日本全体で人材が不足しています。特に介護業界では、人材不足がとても問題になっています。これからの介護の業界に、必要な資格といえます。

『認定介護福祉士』取得のメリットは不明

 「介護福祉士」は、育った葉が咲かせる花々の数を増やしたり、質の向上を図る役割を果たすことをご説明しました。花々は介護保険サービスのことです。

『認定介護福祉士』は、「介護福祉士」のまとめ役であり、畑(事業所や会社)を良いものにかけたり、植えた種を芽(新人の教育・育成)に、芽から元気で大きな葉に育てる役割を担っています。

とても重要な役割を担っている『認定介護福祉士』ですが、その数が少ないからなのか、必要とされていないからなのか、役割や活用方法がわからないためなのか、『認定介護福祉士』を募集する会社を見かけることはありません。

「介護福祉士」以上の資格ですので、資格条件としては記載されています。しかし、『認定介護福祉士』を求めている企業が見当たらないのです。

そのため、「介護福祉士」と比べてどれだけ給与アップが見込まれるのか不明。就職しても、『認定介護福祉士』としての役割を果たすことができるかどうかも不明です。

「介護福祉士」を取得されている方は、今ではもう珍しくありません。しかし、介護現場におけるリーダーとして活躍できている方がどれだけいるでしょうか。

給与が増えるから資格試験には合格しました。けど、会社からも求められていませんし、今までと同じように働いているだけ。埋もれてしまっているだけ。そんな会社は珍しくないはずです。

知識とスキルがあるだけでは、職場がよく変わるわけがないのです。会社が運営の仕組みそのものを変えたり、協力をしない限り、資格はただの飾り、利益の上昇としてしか役に立ちません。

資格取得をした個人は給与が上がって多少は助かりますが、働きやすい職場になるかどうかは別問題なのです。

理解と協力、『認定介護福祉士』を中心とした仕組みづくりに、会社自体が積極的でなければ、『認定介護福祉士』を取得しても、全く意味がないものになります。

そのため、今のところメリットは不明。2015年12月にできた、まだ新しい資格ですので、将来的にはどうなるかも未知数です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.