役割明確でチームワーク力が高い『訪問入浴介護』の仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 数ある介護保険サービスの中で、どの介護保険サービスを選択すれば良いのかお悩みの方向けに、経験も踏まえた、『訪問入浴介護の仕事内容』をご紹介します。

訪問入浴介護とは

 『訪問入浴介護』とは、利用者様またはご家族の介助、もしくはホームヘルパーの介助による入浴が困難な方を、自宅にて入浴のお手伝いをするお仕事をいいます。

デイサービスより給与が高め

 訪問介護ほどではありませんが、『訪問入浴介護』の給与は、施設系を抜いた介護職の中で比較的高い傾向にあります。

訪問入浴介護の良いところ

介護職員とナースの連携が理想的

 『訪問入浴介護』は、他の介護職では考えられないほどに、介護職員と看護師の距離がとても近いです。

例えば施設系介護の場合、居室の数は一つではありません。そのため、看護師は介護職員が、介護職員は看護師が、今どんな仕事をしているのか、目で見る機会がありません。同じ職場で働いているのに、お互いの仕事を見ている時間がほぼないのです。

お互いの仕事内容は、耳では聞きます。しかし、百聞は一見に如かず。百見は一行に如かず。実際に見てはいないですし、行ってもいないのです。本当の意味で、お互いの大変さが伝わることはまずないでしょう。

介護職員と看護師との関係性は、会社はもちろん、管理者・リーダーの資質に依存。なんらかの仕組みを導入しない限り、介護職員と看護師は、いがみ合いやすい環境にあるといえるのです。

それに比べて『訪問入浴介護』の場合、看護師も介護職員と同じ、狭い車に乗って移動。利用者様宅にて一緒に入浴介助を行います。

当然ですが、利用者様宅で行う仕事は、介護職員も看護師も、同じ部屋で看護・介護を行います。互いが互いの動きを見つつ、その人にしかできない仕事を優先してもらい、そうでない場合は、互いにサポートします。

介護職員がもし他の介護の仕事をしていたら、手の空いた看護師がすかさず他の介護の仕事をサポートしてくれるのです。それはまるで、不可能なミッションに挑む、理想的な映画主人公たちょのような連携といえます。

※同じ現場で、同じ利用者様のために行動しているので、協調しやすい環境ということになります。全ての訪問入浴介護事業所において、介護職員とナースの連携が理想的であるとは限りません。

自分たちの目標や役割がはっきりしている

 「烏合の衆」という言葉の意味をご存知でしょうか。規律も統一もなく集まった2人以上の群れを意味します。逆に、規律や統一感をもたらせば、「烏合の衆」は「組織」へと変革します。

「組織」では、会社の「理念」や「ビジョン」といった目的が明確で、一人一人が同じ目的のために行動します。目指すものが一緒なので、それぞれが協力し合えるのです。

本来は目的が明確な方が統一感は生まれますが、そうでない場合もあります。しかし、目先の目標さへはっきりしていれば、その場はうまく組織として機能します。

さらには、同じ目的・目標を目指す上で、それぞれの役割がはっきりしていれば、それぞれが異なる仕事並列して行うことも可能です。

その2つから3つの道は全て、同じ目的・目標に繋がっているのです。目的・目標・役割がありありとしていれば、協力することが容易になるということです。

『訪問入浴介護』は、3人のトリオ、もしくは2人のペアで行動します。『訪問入浴介護』で働く職員それぞれに、自分の役割を聞いたら、きっと誰もがはっきりと回答してくれるはずです。それだけ自分の役割が明確な職業なのです。

2人もしくは3人の目標も一緒です。決められた時間内に、1人の利用者様の入浴介助を行い、笑顔にすること。「理念」や「ビジョン」といった、最も重要な目的までは答えられなくとも、役割と目標だけは答えてくれる方が多いはずです。

ちなみに、「決められた時間内に、1人の利用者様の入浴介助を行い、笑顔にすること。」というのは、目標として適切ではありません。適切ではありませんが、統一感という、同じ目標を目指すという役割は、しっかり機能しています。

では、その他の介護職はいかがでしょうか。「ここでのあなたの役割や目標ななんですか。」と質問して、答えることのできる介護職員はあまりいないはずです。

もし誰に聞いても、同じ目的・ゴール・目標を答えることができ、異なる役割を回答できる会社があるとしたら、かなり快適でやりがいを感じる職場だと思います。

利用者様やご家族 たくさんの笑顔が見られる

 2人もしくは3人の介護職員と看護師たちが、それぞれの役目を果たすと、そこには利用者様とご家族の笑顔という報酬が待っています。

施設介護の経験がある方であれば、入浴介助をした経験、ありますよね。初めは入浴を嫌がっていたり、ブツブツ文句を言っていた利用者様であっても、いざ入浴をすると、なぜかご機嫌だったり、笑顔になっているところを、幾度も目にしてきたかと思います。

気分じゃない時に入浴を言われれば、誰もが初めは拒否反応を示すでしょう。しかし入浴はとてもリラックスできますし、心地よく気持ちが良いのです。

その逆に、入浴していない期間が長くなればなるほど、油でベタベタしてきますし、気持ち悪く、機嫌が悪くなります。

しかし、『訪問入浴介護』の利用者様の多くは、身体的理由で入浴できない方達ばかり。しかも、多くの場合、近くにはご家族もいてくれるので、施設より安心した入浴ができるのです。

『訪問入浴介護』を経験してきて、利用者様が怒っていたり、不機嫌になっているところを見たことがないくらい。それだけ毎回、多くの利用者様が笑顔になってくれます。

施設介護などでは、利用者様の嫌なところも目にしなければならないでしょうが、『訪問入浴介護』の場合は、それがほとんどないか、少ないのです。

ご家族とホームヘルパーのヒーロー・救世主

 介護の経験がある方に、介護の中で大変だと思う仕事を聞けば、必ず出てくるであろう仕事の一つが入浴介助です。

施設などでは、「〇〇介護職員の入浴介助回数が少ない。」とか「〇〇介護職員は〇〇さんなど大変な利用者様の入浴介助をやってくれない。」とか、そのような声も少なくはないはずです。

それほどに大変な入浴介助ですが、設備の整っていない一般家庭でそれを行うところ、想像してみてください。

それを日々行なっているのがご家族とホームヘルパーになります。ホームヘルパーの場合、知識と技術、経験の上でご家族を上回るでしょうが、大きな体をした男性の入浴介助を一般家庭で行うには、限界があります。

そのような困った時に、まるでヒーローや救世主のように登場するのが『訪問入浴介護』です。『訪問入浴介護』の場合、利用者様宅にお風呂があったとしても使いません。

入浴車に搭載される浴槽を、1回1回室内に持ち運び、入浴車に搭載される給湯器を使ってお湯を張ります。

入浴介助そのものは3人で行います。今まで大変な思いをして行なっていた、自宅での入浴介助が、あっさりと、それこそ魔法のようにスムーズに、パパッと入浴介助が行われるのです。

『訪問入浴介護』の職員は、利用者様とご家族に、満足感だけを置いて、嵐のように立ち去っていくのです。ホームヘルパーにとっても、今まで大変な思いをして入浴介助していた利用者様の、入浴介助の部分だけバトンタッチ。

いつ事故を起こすかもわからないような状況下で、プロ意識だけで事故を起こさず行なってきた入浴介助から解放されるのです。

介護の仕事が嫌いになりづらい

 ここまでご紹介してきた通り、『訪問入浴介護』においては、それぞれに役割がはっきりしており、共通の目標(適切ではないとしても)を目指している点において、職員同士の関係が悪くなりづらい介護職です。

しかも、それぞれがしっかり自分の役目を果たせば、ほぼ確実に利用者様の笑顔という報酬を得ることもできるのです。

そのため他の介護職に比べて、介護の仕事が嫌いになりづらいお仕事といえます。会社や管理者、リーダーの影響が少なても、比較的高い満足感を得ることのできる仕事なのです。

訪問入浴介護の仕事内容

オペレーター・介護職員・看護師のトリオで訪問入浴介護

 すでに軽くご紹介してしまいましたが、『訪問入浴介護』のお仕事は、「オペレーター」「介護職員」「看護師」と3つの役割に分かれます。

「オペレーター」の役割は、その名の通り運転と操作です。車の運転と、入浴車に積まれた給湯器の湯量や温度調整といった運転も担当します。

また、全体的な時間管理や3人の指揮者的役割、その他の道具の操作などの役目もあります。時間、人、道具を機能させるといった中心的な立ち位置になります。

「介護職員」の役割は、入浴介助そのものです。脱衣、移乗、洗髪、洗体、着衣、髪の乾燥を行う中心的役割で、それらの介護に必要な細かい備品管理などまで担当します。

「看護師」の役割は、看護業務です。サービス前後にバイタルチェックを行い、入浴可否の判断を担当します。状況によっては、洗髪のみ、清拭、部分浴などの代替サービスを提案することもあります。入浴前や後に必要な処置もありますし、訪問看護との連携も仕事の一つ。

「オペレーター」と「看護師」は、入浴介助前と後に仕事が集中していますので、実際の入浴介助では、「介護職員」のサポートにも回ります。

2〜3人で、たった1人の利用者様のために、二人三脚、三人四脚といった連携を見せながら、あっという間に準備と片付けを行い、ゆっくり入浴してもらうお仕事になります。1対3の手厚いケアができるのは訪問入浴だけ。

1日6〜8件程度を訪問

 『訪問入浴介護』は、1日に6〜8件程度の利用者様宅を訪問して、入浴介助を行います。

8:00~9:00 出勤
『訪問入浴介護』事業所に出勤。着替えを済まし、機材や備品のチェック。申し送りをして出発です。
12:00まで 2〜3件の利用者様宅にて入浴介助
午前中に、おおよそ2〜3件の利用者様宅に訪問し、入浴介助を行います。
12:00 お昼休憩
12:00からお昼休憩に入ります。事務所に戻ってからお昼休憩の会社もありますし、コンビニなどで休憩するところもあります。
事務所に戻って休憩する会社でも、午後は少し遠目の利用者様中心に回る場合などは、コンビニや飲食店で食事する場合もあります。
13:00〜17:30頃まで 4〜5件の利用者様宅にて入浴介助
午前中より多めで、おおよそ4〜5件の利用者様宅にて入浴介助を行います。
16:30~17:30頃 事務所にて機材や備品のチェック・掃除、記録
『訪問入浴介護』事業所に戻ります。機材や備品のチェック・掃除、記録等を行い、着替えてお仕事終了です。

1件おおよそ45分 入浴の手順

00分
荷物を抱えてチャイムを鳴らしご挨拶
05分
看護師:バイタルチェック
介護職員2人:浴槽搬送・組み立て、入浴の準備
10分
看護師:バイタルを報告。脱衣介助と必要な看護処置
介護職員:入浴に必要な備品の準備
オペレーター:浴槽にお湯を溜めつつ、温度調節
15分
ベッドから浴槽への移動介助
洗髪・洗体介助を行い入浴
30分
浴槽からベッドへの移動介助
看護師:必要な処置を行い、着衣介助とバイタルチェック
介護職員:浴槽の掃除、備品の後片付け
オペレーター:浴槽からお湯を抜きつつ、入浴車周りの後片付け
45分
サービス終了
60分
おおよそ15分以内に次の利用者様宅に訪問できるとスムーズ。

訪問入浴介護の難しいところ

現場は利用者さま宅の居室 浴槽は約1畳分 狭い場合もある

 利用者様の居室内に運ぶ浴槽の大きさは、おおよそ畳約1畳分くらいの大きさがあります。多くの『訪問入浴介護』のウェブサイトにて、約2畳ほどの広さがあればと記載ありますが、約2畳の狭い居室での移動介助や入浴介助は、事故がないように神経をとがらせる必要があります。

狭く身動きが取りづらい現場もあり、現場によっては、タンスなどに「ガツン」と肘をぶつけて、「ジ〜ン」とするあの独特の痛みを、よく味わうことになります。

また、このような狭い現場においては、痩せていても身動きが取りづらいので、ふくよかな方の場合はさらに介護がしづらくなります。3人のチームプレイが試される現場になります。

待機時間もあれば、時間が押してしまうこともある

 1日に何件の利用者様宅を回るのか、バランスがとても難しいお仕事です。浴槽の搬送から始まる入浴介助が、きっちり時間内に終わるかどうかは、ほとんどがオペレーター次第。

時間を押してしまうようなルートであれば、回る利用者様宅ルートを変えたり、交換したり、減らす必要も出てきます。

場所によっては移動が長い場合もありますし、どうしてもコンビニなどで時間を潰さなければならない、待機時間も出てきます。

このように、常に時間に急かされているような感覚が、苦手な方もいれば、やりがいに変換できる方もいます。

待機時間をラッキーだと思う人もいれば、待機時間は時間が進む感覚が遅いから嫌だという人もいます。

会社によっては、ご家族がお出ししてくれる飲み物や食事を残してはいけない決まりも

 多くのご家族が、入浴介助の大変さをすでに体験済みです。徐々に入浴介助の大変さが増してくると、ホームヘルパーにお願いする人も増えてきますが、その時のホームヘルパーの大変さを目にしている方も少なくありません。

ご家族は、利用者様の奥様であったり旦那様であったり、娘さんだったりします。息子さんがいらっしゃるご家庭は、少ないというか、あまり見かけたことがありません。

仮にもし娘さんだったとしても、年齢は40~50代くらいでしょうか。入浴介助の大変さを知っていて、お子さんはすでに大きくなられているような年代の方です。

女性の場合は特に、入浴介助を終えるととても嬉しそうに、ありがたそうにしてくださる方が少なくありません。キンキンに冷えたお茶を出してくださったり、中には食事に近いおやつを提供してくださるご家族もいます。

これに対し、ありがたく気持ちだけ受け取って、お断りするといった方針のところもあれば、せっかく提供してくれているのだから、残さずたいらげましょうといった方針のところもあります。

全て残さずいただく方針の会社の場合、味がいくら美味しくても、大変なときがあります。介護職員の宗教によっては、お茶が飲めなかったり、食べてはいけないものもあります。

その場合、誰かが代わりに全てを飲んだり、食べたりすることになります。真夏の暑い中、時間に追われている中、一瞬でいただかなければなりません。

肌が弱い方は手荒れがひどくなる

 利用者様やご家族の希望によっては、入浴剤を使用する場合もあります。そのためご家族には比較的誤解されがちですが、実は『訪問入浴介護』を行なっている職員は、手が荒れている方が少なくありません。

肌が強めの方であっても、冬はやはり、ハンドクリームによるケアが、ある程度必要になります。肌が弱い方ならなおのこと。

『訪問入浴介護』は、入浴介助しかしませんから、他の介護サービスに比べ、手荒れがさらにひどくなること、ケアが必須になる可能性のあること、考慮しておく必要があります。

オペレーターは道に詳しくなる必要がある

 時間が押さないように、利用者様宅から利用者様宅へ、安全運転で移動することが、「オペレーター」の重要な役割の一つです。

ゆっくりしていられるのであれば、スマホのナビをセットして、地図を見ながら移動することもできるでしょう。

しかし、利用者様宅から次の利用者様宅へのルートは、色々試されながら最適なルートを探っているので、常に変動すると考えておきましょう。

例えば、Aさん宅からBさん宅といったルートだったものが、次の日にはAさん宅からCさん宅といったルートに変更されます。

そのため、あらかじめナビをセットしておくにも限界が出てくるのです。一番良い方法は、地域の道に詳しくなること。

「オペレーター」として入社した当初は、出勤して準備が終わるとすぐに、会社が用意してくれた、名前まで記載されるとても細かい地図を、出発するまでずっと見ていました。

2~3件の移動ルートを頭に叩き込むのです。ここでしっかり記憶しておかないと、1件目から、もしくは2件目・3件目から遅れてしまうことになるのです。それでは利用者様やご家族、一緒に働く「介護職員」と「看護師」にも迷惑をかけます。

一緒に乗ってくれる「介護職員」と「看護師」の経験、が豊富な方であれば、道を覚えてくれていることもあります。しかし、いつまでも甘えているわけにはいきません。

昼食時に事務所に戻ると、早々に食事を済ませ、やはり地図とにらめっこ。今度は4〜5件もの移動を頭に叩き込まなければなりません。

道を忘れてしまい、もし1件目から遅刻してしまったらどうなるのか、想像つきますよね。2件目も遅れ、3件目、4件目、5件目も遅れてしまうのです。

この間ずっと心に余裕がない状態で、入浴介助をする羽目になります。休憩中に地図を覚えなければならないのであれば、休憩できないじゃんと思うかもしれません。

その辺の対応は、入社する『訪問入浴介護』事業所によって異なるかと思います。しっかり労働基準法に従っている会社であれば、独り立ちに慣れるまで、出発時間を1件分遅らせ、道を覚える時間を設けてくれるかと思います。

遅れてもいいように、最初は少ない件数から始めさせてくれるところもあります。独り立ちする前は、先輩職員について4人で『訪問入浴介護』をします。

夏は過酷

 これはご説明する必要はないかと思います。『訪問入浴介護』は夏が特に過酷です。まるで川に落ちてしまったのかというほど、汗でビチョビチョになってしまう方もいらっしゃいます。

逆に、汗が止まってしまった場合は危ないですし、常に水分補給と、体を冷やすことに気を配らなければならない職業です。

こんな方にオススメ

体力仕事・力仕事に抵抗のない方にオススメ

 ここまでご紹介してきた通り、『訪問入浴介護』においては、介護職では珍しく、人間関係が比較的良好になりやすいシステムです。

役割分担がはっきりしており、目先の目標もわかりやすいです。目的が明確でなければ、向かう方向には間違ってしまうかもしれませんが、目印がはっきりしていることに変わりないので、3人のチームワークが取りやすいのです。

しかも、入浴という介護だけ行うので、利用者様とご家族の笑顔という報酬が、ほぼ約束された、満足度の高い職業でもあります。やりがいが感じやすいのです。

ただし、仕事の内容はとても大変です。何しろ、施設介護や訪問介護でも大変とされる、入浴介護しか行わないのです。

3人いるとはいえ、浴槽を壁などにぶつけずに、慎重に運ぶとなると、決して軽いものではありません。準備と片付けは瞬時に行わなければならず、とても忙しいです。

そのため、体力仕事・力仕事に抵抗のない方にオススメできる介護職です。

会話に自信のない方にもオススメ

 介護という仕事を選んだからといって、かなり年上の利用者様との会話が得意だという方は、余りいらっしゃらないのではないでしょうか。

人によっては、閉鎖的で怒りやすく、怒鳴ったり怒ってばかりいる利用者様や、意地悪をしてくる利用者様も少なくありません。

しかし『訪問入浴介護』の場合、介護する場所が自宅です。そのため施設のように、知らない場所に監禁されているとか、ここは家じゃないとか、そういった不安を抱えている利用者様はほぼいないと考えてよいかと思います。

また、裸になり、心地の良い入浴ができるというサービス形態であるためか、利用者様の心も比較的開放的。リラックスされていない利用者様を探す方が難しいくらいで、ほとんどの方がリラックスされています。

何か質問してみるだけでも、いろいろなことを、ゆっくりと話してくださいます。もし会話が途切れても、「痛くないですか。」とか「痒いところないですか。」とか「熱くないですか。」とか、そういった会話で誤魔化すこともできます。

「オペレーター」においては、入浴車側(外)での仕事も少なくないので、必然的に「介護職員」や「看護師」に比べ、利用者様と接している時間も少ない傾向にあります。

会話するとすれば、ベッドから浴槽に移動してからのたった15分間です。準備と片付けをしている15分間づつ。合計約30分間は、利用者様とあまりお話している余裕はありません。

このような感じなので、『訪問入浴介護』は、他の介護職より、会話するハードルがとても低いといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。