みんなが迷わず介護 (人生)の道を進めるように『福祉理念』がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 何気なく提供している介護。北を指す「コンパス(方位磁針 / 羅針盤)」を持って進んでいますでしょうか。

もし「コンパス(方位磁針 / 羅針盤)」を持たずに福祉や介護の道を進んでいるのであれば、あなたやあなたの職場の仲間は今、道に迷っているはずです。

今回は、福祉の方位磁針『福祉理念』についてご説明します。

「福祉」とは幸福な生活を目指すこと

 「福祉」とは、人々が皆、幸福で安定した「生活」を目指すことを意味します。

「理念」とは根本的な考え方

 「理念」とは、根本的な考え方を意味します。考え方なので、「行動方針」と言い換えることもできます。

「行動方針」とは、羅針盤や方位磁針のような役割を果たします。誰もが迷わず、高齢者を導いていけるためのものになり得るものですので、とても重要なものです。

「生活」とは生きること

 「生活」とは、生きることです。「心身機能」になんらかの障害があると、「活動」することができませんし、家庭や社会への「参加」もできません。

「活動」することができなければ、「心身機能」は悪化していきますので、家庭や社会への「参加」や役割を担うこともできません。

家庭や社会への「参加」ができなければ、「心身機能」に影響を与えますし、「活動」にも支障が出ます。

「福祉理念」とは幸福な生活を目指すための支援という考え方

ノーマライゼーション

 「ノーマライゼーション」とは、誰もが自分自身の力で生きていくことができる、社会環境の実現を目指す考え方をいいます。

高齢者でも、障害者でも、誰もが普通に生活することができる、誰もが平等に生きていくことのできる区別のない世界です。

生活の質(QOL / Quality of Life)

 「クオリティ・オブ・ライフ(QOL)」とは、一人一人の「生活の質」のことをいいます。人間らしく、自分らしい、幸福な生活の度合いを意味しています。

上で軽く触れましたが、「生活」は、大きく「心身機能」「活動」「参加」の3つから成り立っています。単純に、「心身機能」「活動」「参加」の3つの質を上げていくことができれば、「健康な状態」につなげることができます。

また「生活」は、保険、社会保障、労働、教育、経済、社会政策、立法、権利擁護などの「環境」と「個別性・個性の尊重」の両方が、満たされている必要があります。

「環境」が悪かったり、「個別性・個性の尊重」が無視されたものである場合、「クオリティ・オブ・ライフ(QOL)」が低下します。

自立支援(リハビリテーション)

 誰もが自分自身の力で生きていくことを願い、努力しています。人に頼るより、頼られたり、必要とされたいと願っています。

しかしもし、加齢や事故、病気などを理由に、人に頼らざるを得ない状況になったらどうでしょうか。

そのような状態になってしまった自分を、初めは受け入れることができず、必死に抵抗するかもしれません。

どうにかこうにか自分の力で生きていこうと、考え、試して。それでもどうにもならなかったら。簡単には、人に頼って生きていくことを、受け入れることができないはずです。

それでもなお、頼り続けることしかできない場合、そのうち諦め、自立を目指すこと、考えることすらなくなっていきます。

 再び自立して暮らしていくことができるよう、本人の能力を活用し、能力を伸ばし、主体性、自立性、選択性をもった生活できるように、自立支援をしていくことが、「福祉」の考え方です。

みんなが「福祉」の「方位磁針」を持って進めば、ノーマライゼーション社会の実現へ近づく

 「福祉理念」は、「ノーマライゼーション」社会の実現を目指すものです。「生活の質(QOL)」の向上を考えるものであり、「自立支援」を考えるものでもあります。

福祉に関わる全ての人が、「ノーマライゼーション」「生活の質(QOL)」「自立支援」に反する行動を抑制し、合うもしくは類する行動を増やしていくことができたら、当然「ノーマライゼーション」「生活の質(QOL)」「自立支援」の実現に近づけることができます。

一人より二人、二人よりみんなで、「福祉理念」に合った行動をする方が、達成できる可能性が高まるのです。

 では、福祉に関係しない人の理解は必要ないのでしょうか。例えば、介護職員が、食事の準備も、掃除も洗濯も、何もかも行なう事のない介護施設があったとします。

お金を支払っているご家族からすれば、クレームを言いたくなるような光景を目にすることになる介護施設です。

しかしもし、福祉に携わることのない人々も全て、「福祉理念」を理解している状態であればどうでしょうか。「福祉理念」という「心のバリア(障壁)」が全くない世界です。

このような状態であればご家族は、「介護職員自ら行った方が、早いし、人件費も少なくて済むし、楽でしょうに。本当にありがとうございます。」とおっしゃってくださるでしょう。

「これだけ自分でできる状態で、イキイキと生活することができているなら、高額な介護施設から退去して、実家で生活してもらえます。」と喜んでくださるかもしれません。

「福祉理念」は「福祉」の「方位磁針(羅針盤)」です。福祉に携わる人だけでなく、全ての人々が「福祉」の「方位磁針(羅針盤)」を持って、人生という道を進むことが理想的です。

迷わず、早めに、「ノーマライゼーション」「生活の質(QOL)」「自立支援」にたどり着く可能性が高まるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。