精神的疲労少なく残業なし『ベネッセMCM』の介護派遣 転職体験 感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 28歳女性、介護職・ヘルパーとして、2017年『ベネッセMCM』にて働いた体験と、詳細な説明、感想(レビュー)を記載しました。

目次

株式会社ベネッセMCMとはベネッセグループの人材派遣・転職支援会社

 株式会社ベネッセMCMはベネッセグループの医療・介護に特化した人材派遣・転職支援会社です。

ベネッセホールディングスといえば、東証1部上場で時価総額はなんと約4,000億円を超える大企業。「Benesse=よく生きる」を企業理念とし、教育、介護の領域を中心に事業展開する、誰もが一度は耳にしたことがあるであろう、日本を代表する会社です。

精神的疲労少なく、残業なし(あってもサービス残業なし)、初めから高収入

 『ベネッセMCM』では、職業紹介・派遣・紹介予定派遣3つの雇用形態からお仕事を紹介してもらえます。

私の場合、「派遣」の雇用形態にてお仕事を紹介していただきましたが、初めから給与が高く、とても助かりました。

全てのお仕事が高めの給与であるとは限りませんが、普通に雇用してもらうより、明らかに高額だったのです。

 しかも、『ベネッセMCM』に雇用され、派遣先で働くことになるので、派遣先の面倒なしがらみなどは、私とは関係ないところで済まそうとしてくれます。

なんらかの問題があったときでも、その解決に自分は関わらなくて済むのです。他の正社員がもし残業していても、派遣には残業はありませんでした。

もし残業があったとしても、『ベネッセMCM』に雇用されている状態なので、確実に残業代を支払ってもらえます。サービス残業でごまかされてしまう心配はありません。

仕事内容としては、介護の仕事ですから、肉体的疲労も精神的疲労もありますが、人間関係や上司、会社のシステムなど、そういった仕事内容ではない部分における、精神的疲労はほとんどないといえ、とても気楽に働くことができました。

無料登録→登録会→仕事紹介→面接・見学→就業開始

ウェブサイトの無料登録1分

登録はこちらから↑

 まずは『ベネッセMCM』ウェブサイトにて、無料登録するところから始まります。細かく履歴書を記録するわけではないので、登録はたったの1分ですみます。

名前、生年月日、住所や電話番号、メールアドレス、希望職種に、保有資格、希望の条件を入力するだけで登録が完了します。

登録会は1時間

 登録会に参加します。『ベネッセMCM』と『ベネッセMCM』がしてくれるサポート内容を教えてくれます。必要書類を記入して登録手続き。希望のお仕事を聞いてくれます。

「服装はカジュアルで構いません。」と記載ありますが、登録会という名の面接と変わりありませんので、スーツで行くことをお勧めします。

派遣とはいえ、雇用主になるところです。「派遣なんだから。」と甘い考えで登録会に参加するより、第一印象を大事に、スーツ姿で行くほうが、コンサルタントさんに安心して仕事を紹介していただけます。

①本人確認書類、②免許証または資格証のコピー1枚、③印鑑(シャチハタ)、④キャッシュカードまたは通帳を持って行きました。

仕事紹介は登録会、または電話かメール

 登録会にて、希望する仕事を聞いてもらっていたので、その条件にマッチするお仕事をご紹介いただきました。

登録会当日にも紹介してもらえるとのことですが、私の場合、後日電話とメールにてやり取りを行なっています。

ウェブサイトに「就業先の人員体制から人間関係までお伝えします。」と記載ありますが、本当にしっかり教えてくださいます。

ただし、派遣先が最新の人員体制についての変更を、お知らせしていない場合もあるようで、その場合には、少し前の情報になってしまうなんてこともあるようです。

いくら条件の良い職場でも、人員体制や人間関係によっては避けたいところですので、とてもありがたい情報です。普通に雇用してもらう場合には、このような情報を得ることはできませんから、本当に助かります。

面接・見学には一緒に来てくれた

 コンサルタントさんと待ち合わせして、派遣先に面接と職場見学に行きました。一緒について来てくださったので、通常の面接より、緊張がいくらか少なかったことを覚えています。

就業開始からは通常の仕事のようになる

 派遣の場合、雇用が『ベネッセMCM』というだけで、仕事は派遣先で行い、仕事の指示も派遣先の職員さんからもらうことになります。

そのため、派遣先の教育方針に従って、仕事を教えてもらうことになります。先輩介護職員について、仕事を教えてもらう形だったので、ここからは、普通に働いているのとなんら変わりありません。

就業開始後は『ベネッセMCM』にいかなくて良い

 直接派遣先に出勤します。『ベネッセMCM』に行くことはありませんでした。普通に、派遣先で働いているような感じになります。

給料日には『ベネッセMCM』の名義で入金がある

 『ベネッセMCM』に通わなくても、派遣先に勤務していれば、給料日にしっかり、『ベネッセMCM』の名義で入金がありました。とても安心です。

体調不良の時は両方に連絡しなければならないが、嫌味を言われることはない

 普通に雇用されて働く場合と異なる点があるとすれば、体調不良などの時に、派遣先と派遣元である『ベネッセMCM』の両方に連絡しなければならないところです。

少し面倒なように感じるかもしれませんが、これが逆に安心できます。派遣なので、体調不良でお休みしても、「体調管理も仕事のうちだ。」とか無茶なことを言われなくて済みます。この点においても、精神的疲労が蓄積しづらく、とても助かる部分です。

ただし、あまりにも体調不良でお休みしていると、契約期間が切れた後、次のお仕事の紹介が難しくなるかと思いますので、その点は通常の仕事に比べてシビアなこと、覚えておきましょう。

健康保険証などの福利厚生もバッチリ

 派遣といえども『ベネッセMCM』は、健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険もバッチリでした。健康保険証もすぐに届いたので、とても安心でした。

健康診断も受けることができる

 『ベネッセMCM』では、夜勤をする場合、しっかり健康診断も受けさせてくれました。費用は全て『ベネッセMCM』が支払ってくれますので、派遣といってバカにできる点など何もありませんでした。

有給休暇がもらえるだけでなく、しっかり使える

 全労働日の8割以上出勤し、半年以上継続勤務すれば、10日間の有給休暇をもらうことができます。

もちろん週4回内の勤務でも同じ。週所定の労働日数が4日または1年間の所定日数が169〜216日であり、半年の継続勤務年数があれば、7日間の有給休暇が付与されます。

法律にのとって、しっかり有給休暇をもらうことができます。しかも、派遣元である『ベネッセMCM』に、メールにて有給の申請を行うだけで有給休暇を取ることができるので、有給休暇を使っても、誰にも嫌な顔されることはありません。

派遣ならではのデメリットもある

賞与(ボーナス)はでない

 『ベネッセMCM』から給与が支払われます。給与はもともと高めに設定されていますが、派遣先でボーナスを理由に、雇用される介護職員たちが盛り上がっていたとしても、派遣職員には関係ありません。

出世はしない

 派遣の受入期間は原則1年で、最長でも3年です。いくら良い派遣先に巡り会えたとしても、3年以上継続して派遣として勤務することはできません。

その場合、直接雇用されない限り、同じ場所で働くことができないのです。もちろん、派遣先に直接雇用されているわけではないので、直接雇用されるまでは出世することもありません。

派遣先に同じ仲間として見られることはない

 雇用される会社が違います。受入期間のこともありますし、派遣期間も決められています。そのため、すぐにいなくなると思われています。

会議などへの出席を求められることもありませんし、何らかの問題に対して相談されることもありません。もちろん、責任の伴う仕事を任せられることは、基本的にはないでしょう。

派遣の教育方針などがはっきり決められていない限り、いついなくなるかもわからない派遣に、どこまで教えれば良いかわかっていない場合もあります。

契約した派遣期間が終了して、更新されないこともある

 派遣先にとっての派遣は、あなたにとっての派遣と同じ感覚です。あなたにとって、契約した派遣期間が過ぎれば、契約を更新しなくても問題はありません。契約期間を守って就業したからです。

自分に合わなかったから、契約を更新しないという選択ができるのです。もちろん、いく先々で契約の更新をしてくれないのであれば、派遣元である『ベネッセMCM』も困ってしまうのですが、契約上は問題ないということです。

それは、派遣先からしても同じ。もし派遣先が、あなたに不満を感じていたとしても、派遣期間が終了してしまえば、更新しなくても問題ないのです。自社で雇用できた場合も同様です。

その場合には、契約した派遣期間が終了したら、更新されず終了になることもあるということです。その都度新しい派遣先を探してもらい、転々とする可能性も無きにしも非ずです。

関東・関西・東海以外にお住いの方は紹介が難しい

 『ベネッセMCM』が取り扱う求人は、関東・関西・東海に集中しています。そのため、それ以外に就業したい方には、利用することのできない派遣会社です。

必ずしも近場を紹介されるとは限らない

 『ベネッセMCM』が取り扱う求人の総数まではわかりませんが、比較的給料が良く、人気が高いからか、紹介される派遣先の数はあまり多くありません。

比較的近場で、自分の希望する派遣先があっても、迷っている間にすぐになくなってしまいます。もし希望する派遣先が見つかったなら、迷わずすぐにお願いすることをお勧めします。

勤務の報告が手書きかつFAX

 派遣先のデジタル化が、必ずしも進んでいるわけではないためか、勤務の報告が手書きかつFAXでした。1日締めで、月1回手書きした勤務状況を、専用の表に記入して、FAXにて報告していました。

月1回とはいえ、FAXでの方向は少し面倒でした。派遣先でFAXを借りられることもできましたが、できないところもあるかもしれません。借りることができない場合や、たまたま休日だった場合には、わざわざコンビニに行ってFAXしていました。

介護の人間関係に嫌気がさし、責任を負いたくなく、手軽に稼ぎたい方にオススメ

 派遣のお仕事では、派遣先の人間関係に、深く直接関係することを避けることができます。避けることができるというよりも、深く関係しづらいと言った方が良いでしょうか。

様々な理由があるかと思いますが、人間関係があまり良いとはいえない傾向にある介護職において、この点は大きなメリットといえます。また、責任の伴う仕事や出世とは関係ないので、責任を負いたくない方にはメリットです。

出世したい方、勉強・成長したい方には難しい

 派遣として働いているうちは、出世することはできません。派遣として長く勤めたい会社を探してから、雇用を考え、出世するとお考えの方であれば、その道の方が最短かもしれません。けど、最短ではないかもしれません。難しいところです。

勉強・成長したい方にとっても同様です。できれば、環境の良い会社で働くことが、勉強・成長の最短距離です。そのため、派遣としてどのような会社かわかってから、直接雇用してもらい、働きながら勉強し、成長していく方が良いといえます。

しかしそれは出世と同じ。どんな会社でも、責任ある仕事をどんどん任された方が、成長は早いかもしれません。難しいところです。

働いた感想

 手取りの給料が高いことは、とても助かりました。直接雇用の場合、毎月の給料が少なく、ボーナスなどで調整されるかと思いますが、そのボーナスは確実に発生するとは限りません。毎月高い給料をもらっている方が、寧ろ安心だったので、その点はメリットだと感じました。

『ベネッセMCM』がとても大きな会社で、マナーなどまでしっかり徹底されているためか、くだけた感じが一切ありません。仕事と割り切って接してくれるのは、一方ではメリットですが、他方では冷たく感じます。

介護の現場ほど、仕事とプライベートを全くわけない、くだけた感じは求めてはいませんでしたが、そのギャップからか、少し寂しい感じがありました。仕事に関しての不満は、直接雇用された時のような精神的疲労がないので、とても良かったと感じています。

もしまた機会があれば、お願いしたいと思う派遣会社でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。