排尿の異常を判断するものさし『排尿の仕組みの基本』を7つにまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 排尿の仕組みの基本事項を、7つに分けてまとめました。

このページでのゴールは、介護職員や管理者などにとって、排尿の異常を判断する「ものさし(判断基準)」となること。排尿の「自立支援」や「排泄介助の数を減らす」糸口となることです。

膀胱とは300〜500mlの尿をためることのできる袋

 膀胱とは、排尿と蓄尿を行う役目を持った、袋状の臓器をいいます。通常は、300〜500mlの尿をためることができます。

尿がたまっているときは、膀胱がたるみますので、膀胱そのものに傷がつきにくい仕組み。また、たまった尿が、漏れてしまわないよう、膀胱の出口と尿道の2つに、内尿道括約筋と外尿道括約筋と呼ばれる「栓」のようなものがついています。

膀胱、尿道、内尿道括約筋は「平滑筋」から構成され、外尿道括約筋だけは「骨格筋」から構成されます。

「平滑筋」は、内臓を動かすための筋肉で、自分の意思では動かすことはできません。「骨格筋」は、体を動かすための筋肉で、自分の意思で動かすことができます。この違いがポイント。

男性と女性の尿道は全然違う

 男性の尿道は約20cm。膀胱付近にある、尿道の始まりの部分には、それを包み込むように、前立腺があります。

この前立腺は、男性特有の臓器で、精液の一部をつくる働きをします。前立腺が腫れてしまうと、前立腺肥大となり、排尿障害の発生リスクが増します。

対して女性の尿道は、約5cmしかありません。4分の1程度。もちろん、前立腺はありません。

 これらの違いが、尿もれや排尿障害などに、様々な影響を与えます。尿をためておく機能が高ければ、尿もれがしにくいということ。

尿もれに必要な要素は、「内尿道括約筋」「外尿道括約筋」「前立腺」「尿道」「骨盤底筋群」の5つです。

男性の場合、「前立腺」があることと「外尿道括約筋」が強いこと。そして途中、尿道が90度以上に折れ曲がっていることから、女性と比較して、尿が漏れづらい構造です。しかし、複雑で距離が長い分、排尿障害が起こりやすいというデメリットがあります。

女性の場合、「前立腺」がなく、「外尿道括約筋」が弱いこと。尿道が一直線にほぼ真下を向いていることや距離の短さから、尿もれがしやすい構造です。しかし、男性と比較するととてもシンプルなので、排尿障害が起こりにくいというメリットがあります。

腹圧性尿失禁を防ぐ「骨盤底筋群」

 「骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)」とは、骨盤の底の穴を埋めるように存在する、複数の筋肉群の総称です。自分の意思で動かすことのできる「骨格筋」の一つでもあります。

膀胱、子宮、直腸などの内臓を支える役割がありますので、加齢や出産、肥満を理由に弱ってくると、膀胱、子宮、直腸が変動。「腹圧性尿失禁」の原因となります。

尿意を感じて、意識的に排尿しようとしてから排尿される

 膀胱の最大容量に近い尿がたまると、尿意を感じます。ただし、この時点では、尿は排出されません。意識的に排尿を開始しようと思わない限り、脳が排尿を抑制。

脳が指示を出さなければ、「内尿道括約筋」や「外尿道括約筋」といった「栓」も閉まったままです。トイレに行き、下着を下ろし、排尿しようとならない限り、排尿の抑制が解除されないのです。

1回の排尿量200〜300ml、日中3〜8回、夜間0〜1回

 1回の排尿量は、200〜300ml。日中3〜8回の排尿があり、夜間おおよそ8時間の間0回の排尿が正常です。高齢者であれば、夜間1回くらいの排尿であれば、正常の範囲内とも言われています。

水分量などによって変動はありますが、成人であれば、1日1,200〜1,500mlの尿量が正常。100ml以下で「無尿」、500ml以下で「乏尿」、3,000ml越えで「多尿」、日中9回以上、夜間1もしくは2回以上で「頻尿」と呼ばれます。

正常な尿の色は無色から黄色かつ透明

 正常な尿の色は、無色から黄色で、透明です。それ以外の色や濁りがある場合には、何らかの原因があります。

食事や服薬中の薬によって、色などが変わるので、一概に病気だと言い切ることはできません。無色から黄色で、透明でなければ、報告する必要があるでしょう。

においでの判断は、急変した時

 尿のにおいは、色と異なり、一概にどのにおいが病気の可能性があるとか、そういったことの判断が難しく、病気を理由ににおいが変わることも稀です。

食事や服薬中の薬によってもにおいが変わりますし、尿路感染している場合のにおいは、アンモニア臭が強くなるだけです。

大腸菌などが感染したのであれば、腐ったようなにおいがすることもあるので、アンモニア臭と異なり、発見が比較的容易といえます。

このように、色と違いにおいの場合には、一概に何が悪いということができませんので、いつもと違ったにおいに変化した場合に、報告するようにします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。